低血圧を改善する方法は?コエンザイムQ10で劇的に回復

低血圧が原因で発症する症状はこれだけあります。

低血圧は体質による症状なので、一生治ることはないと考えてる人はいないでしょうか?
そう考えている人は、人生を損していると言っても過言ではありません。

 

低血圧は、確かに個人の体質の側面も関係してますが、日々の生活習慣により確実に改善させることは可能です。

 

低血圧と一口には言っても、どんな症状が発症するかというと様々なものがあります。

 

  • めまいや立ちくらみがよくある
  • 慢性的な疲労、不眠である
  • 冷え性や便秘である
  • 胃腸が弱い、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある
  • 頭痛、肩こり、目の疲れがある
  • 脳梗塞になった
  • 動悸、息切れ、呼吸が浅い
  • 妊娠しにくい
  • 集中力が低下、やる気がおきない。
  • 特に朝はだるい

 

これらのどれかの症状を発症していたり、複数発症している方もいらっしゃると思います。
低血圧はあまり病気と認めている医者は少ないですが、れっきとした生活習慣病として提唱している医者も増えてきています。

 

日本人男性の約10人に1人、日本人女性約5人に1人が低血圧であるとの統計もありますので、低血圧はとても身近な病気であることがわかっております。

 


なぜ低血圧になるのか?そのメカニズムとは?

そもそも血圧とはなにかというと、血液を全身に送る心臓のポンプ機能の力と、血液が末梢から心臓に帰ってくる末梢の力の2つの力のことを言います。

 

この血圧の働きによって、私達の全身に隅々まで血液を送り届けることが出来ます。

 

狭い血管に血液を流す為には、圧力をかける必要があるので、血圧が低いと必要な組織に必要な量の血液が十分に行き届かない状態になってしまいます。

 

そうなると必要な血液量が流れない部分に支障をきたして、頭痛やだるさを発症してしまいます。

 

血圧が低いということは、心臓のポンプ機能である心拍出量、または末梢の力である総末梢血管抵抗が低いということです。

 

血圧の式でいうと以下のようになります。

 

血圧= 心拍出量 × 総末梢血管抵抗

 

つまり、低血圧の方が血圧を上げたい場合には、心拍出量か総末梢血管抵抗のいずれかを高めればよいことになります。

 

では、どのくらいの血圧値が低血圧であるかというと、上の血圧(最高血圧)が100〜110mmHg以下とされています。
また、寝た状態から立った状態に体位を変えて、上の血圧(最高血圧)が20mmHG以上差がある場合は、起立性低血圧という症状となります。

 

健康診断などでも立った状態で血圧を測るということはほとんどないと思います。その為、座った状態では血圧に問題ないと考えている人の中に、実は起立性低血圧であったという場合があります。

 

よく朝起きた時や電車で立っていると調子が悪くなる人は、起立性低血圧の可能性が高いので、血圧計を購入して自宅で測ってみることをおススメします。

 

これらの数値が出た場合には、名目上低血圧ということになりますので、改善した方がよいでしょう。


低血圧の改善方法

低血圧は体質によるところもありますが、日々のライフスタイルに大きく影響がありますので、まずは自分のライフスタイルを振り返ってみて下さい。
その上で一般的に改善する為の方法を以下にご紹介します。

 

定期的に運動すること

運動することによって、心臓のポンプ機能と末梢血管抵抗の機能を高めることが可能となります。
心臓は筋肉で出来ているため、筋肉を鍛えることが心臓を鍛えることになります。
また、末梢血管抵抗も筋肉量に比例して強化される為、運動をして筋肉をつけることによって、血圧機能を高めることが可能となります。
それによって全身の血液の循環をよくすることが可能となります。

 

朝入浴やシャワーを浴びること

低血圧の方は、特に朝起きる時がとてもだるく血液が体中に循環していない状態なので、入浴やシャワーを浴びることで、血流をよくすることができます。頭から温かいシャワーを浴びるとボーっとしている頭がスッキリしてきます。

 

温かい食事を中心に食べる

温かい食事と取って体を温めることで、血液の循環がよくなります。その為、冷たいものはなるべく避けて体が温まるものを食べるようにしましょう。
どんな食事が体を温めるかというと、大根・かぼちゃ・玉ねぎ、白菜、ごぼう・ブロッコリー・さつまいも等の根菜類を煮物にしたり、スープとするとよいです。

 

逆に体を冷やすような、キンキンに冷えた飲み物等は夏には飲みたくなると思いますが、適度にしておいた方がよいでしょう。

 

塩分の多い食事をとる

低血圧の方の場合は、少し塩分の多いものを取ることがよいです。

 

塩分を取ることで、血液中の塩分濃度が高まるので、それを薄めようと水分を必要とする為、血液中に多くの水分が取り込まれます。水分が増えることで血液量が過剰に増えることになることで、血管を押し上げる力が加わり、血圧が上がることになります。

 

その為、塩分の多い味噌汁・漬物・ラーメンの汁などを適度にとることもよいでしょう。
しかし、この方法は、低血圧の方のみの改善方法なので、高血圧の方の場合は、とても危険なのでやめましょう。

 

チェダーチーズを食べる

チーズには血圧を上げるチラミンという物質が多く含まれています。特にチェダーチーズはその含有量が多い為、低血圧の方には効果があるので、摂取量を少しづつ増やして試してみるとよいでしょう。

 

チェダーチーズ100%使用のものを選ぶようにしましょう。中には70%使用という商品もあるので気を付けてください。

コエンザイムQ10を摂取する

 

コエンザイムQ10を摂取することで、心拍出量機能を高める効果があります。
心臓だけでなく、体内の臓器や筋肉の働きを助けるものがコエンザイムQ10なので、すべての人に必要な物質となります。
低血圧の人はこのコエンザイムQ10の量が少ない可能性があります。

 

食事からも摂取することもできますが、少量しか含まれていない為、サプリメントで取ることがよいでしょう。

 

サプリメントと言うと、副作用が気になる方もいると思いますが、コエンザイムQ10はもともと体内で作られる物質なので、ほとんど副作用がないと言われています。過剰摂取をしなければとても安全なサプリメントと言えます。

 

私も低血圧なので、コエンザイムQ10のサプリメントを取っているのですが、私の場合は飲み始めてすぐに劇的に改善されました。
個人差があると思いますが、改善方法としては速攻性があるので、低血圧でお悩みの方は一番のおススメです。

 

コエンザイムQ10について詳細を知りたい方はこちらから


低血圧を改善する為のおススメ商品はこちら

カネカ 還元型コエンザイムQ10

 

カネカは世界で初めて還元型コエンザイムQ10の開発に成功して、現在も世界のトップシェアを誇っている企業です。

 

コエンザイムQ10には、「還元型」と「酸化型」の2種類があります。酸化型の場合は、体内で還元型に変換してから効果をはっきすることが出来ますが、加齢や病気、ストレスなどによって還元型に変換する力が弱まってしまいます。

 

その点還元型のコエンザイムQ10は、ダイレクトに体内で効果をはっきしてくれる為、低血圧で困っている方や疲れがとれない方は、還元型のコエンザイムQ10をおススメします。

 

また、コエンザイムQ10はもともと体内にある成分の為、過剰摂取さえしなければ副作用がないことも知られていますので、安心して摂取していただけます。

 

こちらで初回購入の方は、

 

14日分を お試し価格 税込500円(送料無料)

 

で提供させていただいております。

 

 

中でもこちらは世界的に認められた商品なので、自信をもっておすすめします。

 

もちろん個人差はありますが、低血圧や疲労がとれない方は、すぐに効果を感じていただけると思います。低血圧で体調がすぐれなかった私や友人は1週間もしないうちに体調が改善されたことを実感しております。

 

 

ユーザーの声

 

コエンザイムQ10の名前だけは聞いた事があったのですが、効果について無知でしたので興味が沸くまでには至りませんでした。
体調不良が続いている時に会社の上司より教えてもらい、ネットで検索して即座に購入してみました。
飲んで一週間前後たった時からその効果についてはっきりと自覚出来る様になり、驚きました。
朝起きた際のだるさがなくなり、気分の浮き沈みがそれまであったのですが、沈む様な感覚も徐々になくなりました。
明らかに10代の頃の様な元気を取り戻している感覚です。
飲んでから3週間目を迎えますが、今後も続けて飲み続けようと思っています。
(30代 男性)

 

私は元々低血圧だったのですが、生活にはあまり支障はありませんでした。
しかし、40歳ぐらいになってからだるさと頭痛を頻繁に感じるようになってきて、これは年齢のせいかなと諦めていたところ、同じ低血圧の友人がコエンザイムQ10を飲んで元気になったという声を聞いて、試してみるかと半信半疑で注文しました。
飲み始めて直ぐに効果を実感しました。嘘のようでした。今では約8カ月間使用していますが、体調がとてもよくなり日々の生活が楽しくなってます。
(40代 女性)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いしゃ,食後,注意,治療,診断,朝食,健康,カフェイン,有効,女性,バランス,調整,目標,マッサージ,対策,啓発,イベント,JOY,熱症,株式会社,状況,ショック,登壇,関節リウマチ,専門医,日常生活,ホルモン,特定,QOL,大切,神経,総合,普及,正常,しょうゆ,未満,内科医,薬剤耐性,解決,タンパク質,今日,AMR,記事水中,ウォーキング,有酸素運動,運動量,無理,範囲,食生活,エネルギー,ミネラル,ビタミン,はじめ,収縮,作用,積極,今度,早起き,早寝,厚生労働省,男性,存在,推奨,調味料,味噌,上昇,加工食品,インスタント食品,意識的,10g,達成,容易,活動,直前,3g,目安,大さじ,魚介類,乳製品,大豆,製品,内容,食品,栄養素,たくさん,ご覧,維持,アルコール,お酒,イメージ,自体,貧血,高齢者,それら,お茶,コーヒー,交感神経,刺激,心配,変化,拡張期血圧,収縮期血圧,お湯,血行,アロマオイル,利用,リラックス,ゆっくり,基準,要注意,人混み,猛暑,その他,世界保健機構,姿勢,受診,医師,相談,診察,薬物療法,特効薬,わけ,自律神経,共通点,動脈,自然,ケース,神経質,病院,日本製薬,商事,WHO,武田薬品工業,低め,日本医師会,自律神経失調症,うつ病,参考,一般的,気をつけ,ALS,重度,漫画,宇宙兄弟,せり,基金,思い,タンポン,使い方,トキシック,症候群,利尿,降圧剤,腎不全,合併症,高カリウム血症,予防,ポイント,遺伝性,難病,ウィルソン病,外傷,急激,二次,もと,異常,非常,倦怠,ひとつ,顔色,プロフィール,医院,クリニック,ハート,性交,性行為,出血,目黒通り,ホーム,インフルエンザ,初期,腹痛,タイプ,痛み,部位,ごと,たん,カテゴリー,一覧,問い合わせ,見る,すぎる,起こる,行う,行く,心がける,取り組める,語る,紐解く,持つ,下がる,止まる,痩せる,摂る,止める,むくむ,なおす,取り組む,補う,とらわれる,欠かす,広がる,備える,めぐる,眠れる,構う,つかう,戻る,かねる,あらわれる,割ける,起き上がる,立ち上がる,動く,取り入れる,保つ,いく,引き起こす,役に立つ,読む,見直す,始まる,溜まる,呈する,もたらす,示す,送り出す,ふらつく,優れる,見分ける,かかる,長引く,受ける,辛い,規則正しい,若い,つらい,緩い,詳しい,硬い,重い,暑い,痛い,補給,湯船,体力,本態,たんぱく質,促進,サラサラ,ナトリウム,カリウム,栄養,ナッツ,分解,過酸化脂質,適量,排出,抗酸化作用,生野菜,果物,過ぎ,青魚,脂肪酸,LDL,悪玉,コレステロール,ニンニク,ネギ,匂い,アリシン,血栓,豚肉,一緒,積極的,全体,回復,大切なもの,炭水化物,眠気,密接,体温,材料,苦手,緑茶,紅茶,リスク,一緒に,撃退,階段,昇降,ふくらはぎ,意識,乱れ,リズム,タケダ,疾患,ナビ,大日本住友製薬,低血糖,減塩,起立性調節障害,欠食,セルフケア,サイン,栄養不足,減退,食欲,とも,症候,検査,色々,是非,解説,重要,とり入れる,浸かる,欠く,下げる,付ける,減らす,防ぐ,見受ける,届く,取り除ける,繋がる,傾く,抑える,治す,分ける,似る,悩む,違う,気だるい,ページ,子供,眩暈,立ち,成長,調節,日本人,不快,限り,代表,認識,勘違い,違い,いくつ,傾向,性別,女性ホルモン,身体,途中,体重,平熱,リンク,家族,理解,仕方がない,理由,少子,過程,環境,機会,遺伝,絶対,普段,指導,体質改善,手助け,減る,眩む,知れる,異なる,比べる,起こす,当てはまる,探す,限る,遊ぶ,現れる,与える,分かる,行える,やすい,上手い,