コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10って名前は聞いたことがあるけど一体何なの?
と疑問に思う方も多いと思います。

 

コエンザイムQ10は、細胞の中にあるミトコンドリアにある物質で、生命活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出している補酵素です。

 

コエンザイムQ10は、エネルギーを必要とする心臓の筋肉や、骨格筋、肝臓や腎臓に多く存在するといわれています。

 

コエンザイムQ10は、大きく分けて2つの効果があります。

 

エネルギー生産

 

私たちのカラダには約60兆個の細胞があり、体内の臓器や筋肉を動かすためにはエネルギーが必要です。
エネルギーはそれぞれの細胞の中のミトコンドリアというエネルギー工場でつくられます。このエネルギー工場に必要なのが、コエンザイムQ10です。

 

コエンザイムQ10がなければ、エネルギーはどんどん不足し、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりします。
逆にコエンザイムQ10が体内に十分に存在していると、効率良くエネルギーがつくられるため、疲れにくく健康な体を維持することができるのです。

 

抗酸化作用

 

また、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素によるダメージから体を守る働きがあります。

 

本来、活性酸素は体の中に入ってきた細菌やウイルスを退治してくれる働きを持つため、人間の体にとって必要なものですが、増えすぎるとその強力な作用により細胞を傷付けてしまうため、生活習慣病や老化の原因となってしまいます。
この酸化を防ぐ働きをしているのが、コエンザイムQ10です。


コエンザイムQ10は減少する

このように私たちの体に必要不可欠なコエンザイムQ10ですが、その量は20歳を境に減少してしまいます。
特に、常に動き続けている心臓は多量のエネルギーを消費するため、減少も著しいことが分かります。

 

 

コエンザイムQ10の量が減っているということは、エネルギーの生産量が減少しているということ。健康を支える力が弱ってきている状態と言えます。

 

コエンザイムQ10は、加齢と共に体内の量が減少しますが、ストレスや病気などでも減少することが知られています。

 

抗酸化作用を発揮し、必要なエネルギーを産出するのに必要とされるコエンザイムQ10を補うための目安量は、1日100mgと言われています。

 

日本人は食習慣から1日に約5mgのコエンザイムQ10を食品から摂取していると言われているので、目標の量に遠く及ばないのが分かります。

 

不足分を補うには、やはりサプリメントを利用するのが効率的です。

コエンザイムQ10が不足により引き起こされる症状

コエンザイムQ10が不足してしまうと、エネルギー生産効率が落ちてしまい、細胞機能が低下してしまいます。
細胞機能が低下することで引き起こされる症状には以下のようなものがあります。

 

  • 疲れやすくなる
  • むくみが出てくる
  • 冷え性になる
  • 頭痛がしてくる
  • 目が疲れる
  • 肩こり、腰痛になる
  • めまいや立ちくらみがしてくる

 

他にも、さらに抗酸化作用も弱まってしまう為、酸化ストレスに対抗する免疫力も低下してしまいます。
免疫低下により、消化器官も弱って以下症状が引き起こされてしまいます。

 

  • 風邪等の病気全般にかかりやすくなる
  • 便秘や下痢になる
  • 肌が老化してくる
  • ボケやすくなってくる

 

コエンザイムQ10が不足することによってこれだけの弊害が発症されてくることが分かっております。
コエンザイムQ10は、人間のエネルギーの基盤の一つなので、常に不足することがないようにしておくことが元気な体の状態を作ってくれるための秘訣となります。

 

 

 

サプリメントでの摂取について

先の内容でも書いておりますが、コエンザイムQ10は自然食品にも含まれています。
しかし、自然食品では1日の摂取量には遠く及ばない為、不足分を補うには、サプリメントでの摂取が必要となってきます。

 

 

1日の摂取量は用途によって変わってくる

 

その人の状態によって1日の摂取量は変わってきます。

 

  • 健康維持や疲労回復には、1日50mg程度を2回程度
  • スポーツ選手の場合には、1日50mgを3回程度
  • 病気を改善する場合には、1日200mg〜300mg程度
  • がん患者や筋神経疾患の場合には、300mg以上

 

摂取のタイミングは食後が効果的

 

コエンザイムQ10は脂溶性なので、油を含んだ食後に飲むと効果的に吸収することができます。
逆に空腹時に飲むと効果が悪いだけでなく、消化器官にも刺激が強くて胃がもたれてしまうので、気を付けましょう。

酸化型と還元型の違い

コエンザイムQ10には酸化型(ユビキノン)と還元型(ユビキノール)の2種類があります。

 

 

市販で販売されているサプリメントのコエンザイムQ10はほとんどが酸化型のものですが、体内で活動しているのは還元型のコエンザイムQ10なので、酸化型のものを摂取した場合、体内で還元型に変換させるプロセスがあります。

 

しかし、体内で還元型に変換する力が、加齢や病気等によってどんどん減少していくので、高齢の方や体が弱い方は、還元型のコエンザイムQ10を摂取することをおススメします。

コエンザイムQ10の安全性

通常の食品には酸化型、還元型ともに含まれているおり、日本人は、還元型コエンザイムQ10を通常の食事から1日当り約2mg 摂取しています。

 

健康な人が4週間摂取した試験では、最大摂取量(300mg)まで重篤な副作用なし

 

という研究結果が出ています。

 

もともと体内にある物質の為、過剰摂取さえしなければコエンザイムQ10による副作用については問題ないと言われています。

コエンザイムQ10による様々な効果

コエンザイムQ10を体内に十分に取り入れることで、様々な体質改善が見込めることが分かっております。

 

冷え性や低血圧を改善

冷え性や低血圧を改善する為には、バランスのとれた食生活やウォーキング等の軽い運動が基本となりますが、コエンザイムQ10を補強することで心臓の機能があがり、末梢器官にまで血液が行き届くようになるようになります。
また、細胞が活性化することによって、エネルギーを生み出しやすくなることで、冷え性や低血圧を改善する助けになります。

 

美肌効果

肌の老化は、加齢により、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す機能が弱ってくることが原因となります。
加齢以外にも、活性酸素によって体内の細胞がサビてしまうことで、シミ、シワ、たるみなどが起こってきてしまいます。

 

これらの原因で衰えていく肌を若返らせてくれるものが、コエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10によって、血流が改善されることで、体内の抗酸化作用が高まって、活性酸素から守ってくれます。
さらにエネルギーが作る助けをしてくれるので、肌の新陳代謝が活発になり、若くてスベスベの肌を保つことが出来ます。

 

ダイエット

健康的にダイエットするためには、基礎代謝が高い体質になることを目指す必要があります。
その為には、無理な食事制限は逆効果となってしまいますので、バランスのよい食事と適度な運動がとてもよいのですが、
コエンザイムQ10があると、食事からとりすぎた栄養も効率よくエネルギーに変えて、脂肪が溜まることを防いでくれる効果があります。
コエンザイムQ10によって、より効率的に健康的なダイエットをすることが出来ます。

 

免疫力の向上

人間の体は健康を維持しようとする免疫力が備わっていて、ウイルスや病原菌などから守ってくれるものです。
しかし、不規則な生活、ストレス、老化などによって、どんどん免疫力が低下してしまいます。

 

加齢によってコエンザイムQ10が減少してしまうと、免疫細胞のエネルギー生産も十分でなくなってしまう為、コエンザイムQ10を積極的に摂取することで免疫力の向上させることが出来ます。

 

がん予防

がんは正常細胞が突然変異して、がん細胞になるもので、その原因としては活性酸素が大きく関わっていると考えられています。
活性酸素が大量に発生すると、細胞が傷つけられてしまうことで、がん細胞に変異してしまいます。

 

がん予防としては、活性酸素を除去するためにビタミンA、C、E、そしてコエンザイムQ10を摂取することが効果的と言われています。
また、コエンザイムQ10はがんの治療に使われる抗がん剤の副作用についても抑制する働きをもっていることがわかりました。

効果が高いおススメのコエンザイムQ10はこちら

カネカ 還元型コエンザイムQ10

 

カネカは世界で初めて還元型コエンザイムQ10の開発に成功して、現在も世界のトップシェアを誇っている企業です。

 

コエンザイムQ10には、「還元型」と「酸化型」の2種類があります。酸化型の場合は、体内で還元型に変換してから効果をはっきすることが出来ますが、加齢や病気、ストレスなどによって還元型に変換する力が弱まってしまいます。

 

その点還元型のコエンザイムQ10は、ダイレクトに体内で効果をはっきしてくれる為、低血圧で困っている方や疲れがとれない方は、還元型のコエンザイムQ10をおススメします。

 

 

カネカのコエンザイムQ10はこちらから